チラシ印刷を格安価格で対応|印刷方法の特徴を知っておこう

競争が激しいから安くなる

色見本

失敗もあるので注意

チラシ印刷は競争の激しい業界です。自ずと価格競争になって行きます。価格はどんどん下がって、どこでも格安の看板を掲げていますが、実際にそんなに格安でチラシ印刷出来るのかと不思議に思う事もあるでしょう。実際、チラシ印刷のどこまでを業者に依頼するかによって、格安の範囲も変わってきます。一般的にチラシ印刷というのは、デザインを起こして校正し、出稿から印刷、というおおまかな流れがあります。格安をうたう業者は、校正までを顧客責任にしている場合が多いです。この場合に気を付けないといけないのは、仕上がり時点で文字抜けなどの不具合が出ても、チラシ印刷業者は責任を負わない場合が多い、という点です。まさに安かろう悪かろうの典型と決めつけてはいけません。最初から構成を飛ばしているのですから、このような不具合が起こる率は高くなります。格安チラシ印刷に依頼する場合には校正は自分でしっかりと行うというのが鉄則です。また、印刷時のインクの乗りについても気を付けておいたほうがいいでしょう。印刷データが一緒でも、仕上がりはどの業者でも一緒というわけではありません。青みが強い業者とか赤みがつよい業者など、使っている印刷機やインクの種類によって実は微妙に変化があります。一般の事業者が使っているプリンタと印刷業者の印刷機は全く違いますので、色目の仕上がりの違いは必ず出ると思っておきましょう。可能であれば最初から大部数を依頼せずに試し刷り程度に最低ロットで発注するのがおすすめです。落丁がなければ色目の好みにあったチラシ印刷業者を選べばいいでしょう。

Copyright© 2018 チラシ印刷を格安価格で対応|印刷方法の特徴を知っておこう All Rights Reserved.